読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の価値とは

ご機嫌よう。皆さんいかがお過ごしですか?

しがないサラリーマンです。

 

今日はお金の価値について書きたいと思います。

 

皆さんはお金の「価値」について考えたことがあるでしょうか。

なぜ1万札は1万円の価値があるのか。

なぜお金で家が買えたり、車が買えたりするのか。

なぜ働いた報酬はお金で支払われるのか。

当たり前のことであるがゆえに、真剣にそのことについて考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

まず、お金とは何でしょうか。

簡単に言うと、お金とは価値を数値化したものです。

例えば、パンやりんごの値段、8時間労働に対する報酬、エンジニアの技術手当など、世の中に存在する価値のあるものを一般化して数値化したものがお金です。

 

お金が無い時代、人々は物々交換によって自分が欲しいものを手に入れていました。

しかし、物々交換には様々な問題があります。

例えば、

 1.肉や魚は長期保存ができない

 2.持ち運べる量に制限がある

 3.細かく分けることが難しい

といった問題があります。

そこで登場したのがお金です。

お金は肉や魚のように腐らないので、長期保存ができますし、ポケットや財布に入れて簡単に持ち運ぶことができます。クレジットカードの登場により、その額はさらに大きくなりました。

また、1円単位で細かく分けることも可能です。

 

次に、1万円札が1万円の価値のあるものと交換ができる理由についてですが、これは「信用」という一言に尽きます。

日本という信用のおける国が発行した1万円札なので、1万円の価値のあるものと交換ができるのです。

試しに私がノートの切れ端に1万円と書いてレジで出しても、何も買うことはできません。

お金の価値は国の信用で成り立っていますので、国の信用が下がればお金の価値も下がります。

これが俗にいう「インフレ」です。

 

最後に、雑学を一つ。

明治時代の1円の価値は今の2万円に相当すると言われています。

この差は、物価や賃金の水準が今と昔で大きく異なる為に発生したものです。

つまり、これから先も様々な要因により、常にお金の価値は変動していくと考えられます。

 

今日はお金の価値をテーマとして取り上げてみました。

皆さんはお金に対してどのような印象をお持ちでしょうか。

私はお金が全てだとは思いませんが、非常に大事なものであると思っています。

目の前にある問題が、お金で解決できることであるならば、それはお金で解決すれば良いと思っています。

お金で解決できることはお金で解決し、そうでないところに自分の意識や思い、愛情を注力していきたい、そう考える今日この頃です。

 

参考・参照サイト

torebook.jp

manabow.com