読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンタルサーバを契約し、独自ドメインを取得し、Wordpressまでセットアップしたが、肝心のコンテンツが決まらない

アフィリエイトで飯を食う」という高校時代からの夢を実現する。その為に、レンタルサーバを契約し、独自ドメインを取得し、Wordpressまでセットアップしました。しかし、肝心のコンテンツが決まりません。これでは、何のためにレンタルサーバー独自ドメインにお金を支払っているのか分かりません。まさにお金の無駄遣いと言えます。今更ですが、順番が逆です。何か世界に向けて発信したい情報があったり、コンテンツのおおまかなコンセプトを決めてから、それを形にするために、レンタルサーバー独自ドメインといったツールを利用するものです。私の場合、特に描きたい絵もないのに、高級なキャンバスと筆を購入したようなものです。まるでそういった道具を用意するだけで、素晴らしい作品が描けるかのように。

私のサイトに、適当にAmazonアフィリエイトリンクを貼っておけば、誰かがサイトを訪問してくれて、そのリンクから商品を買ってくれる。そんな都合の良い話は、現実にはありません。そんな内容では、1000記事書こうが、10000記事書こうが、誰も商品を買ってくれませんし、そもそも訪問すらしてもらえないでしょう。

この例で言えば、わざわざ私のサイトからAmazonの商品を購入する理由が見つかりません。それなら最初からAmazonに訪問して、商品を探して購入すればいいのです。現に私も、Amazonの商品を他のブログやHP経由で購入したことはありません。どの業界にも共通することですが、これでなければならない!という強みが無ければ、だれも注目してくれません。Amazonの商品を私のサイトから購入することで、Amazonからダイレクトにその商品を購入した場合よりも、満足度がUPする何かを生み出す必要があります。コスト(代金)は私のサイトから購入しても、Amazonから購入しても変わりません。デリバリー(配送スピード)も同様です。ではクオリティ(品質)という面で、詳細なレビューをするのはどうでしょうか?訪問者の方が購入した後にがっかりしないよう、その商品の情報を事細かにサイトに載せるのです。いや、そもそもAmazonにはレビュー機能があるし、その内容も充実しています。私もよくそのレビューを参考にして商品を購入しています(正直なところ、買ってから後悔することもよくありますが・・・)。ではレビューの無い、もしくは少ない商品をターゲットに、その詳細情報を掲載するのはどうでしょうか。これは意外といけそうな気もしますが、レビューの無い商品というのは、人気が無い商品であることも多い為、そもそもそれを探し求めている人も少なさそうです。その商品が、私の興味があるもので、私にとって有益なモノであれば喜んで購入し、レビューを掲載します。仮に、まったく売り上げをあげることができなくても、私にとって有益なモノなので、問題はありません。私一人が満足して終わりです。しかし、私がまったく興味が無く、私にとって有益なモノでなければ、お金の無駄遣いと言えます。しかもそれをペイできる(採算がとれる)だけの売上をあげられなければ、それこそ目も当てられない状態になります。

こんなネガティブな妄想ばかりしていても答えは見つかりませんが、自分が納得できる答えが出てこないということは、きっとそれは正解ではないのでしょう。それを強引に進めたとしても、強烈なストレスで挫折してしまうことは目に見えています(全然興味がないのに、ニュースのまとめサイトでも作ろうかと思って、早々と挫折したのは記憶に新しい)。やはり、根本的に、なぜ私のサイトに来るのか、来る必要があるのか、といったところの地盤固めをする必要がありそうです。

Q1.なぜ私のサイトに来るのか

A1.検索結果の上位に表示されるから

Q2.なぜ検索結果の上位に表示されるのか

A2.訪問者にとって有益な情報が掲載されているから

Q3.訪問者にとって有益な情報とは何か

A3.訪問者の方が探している答え

Q4.訪問者の方が探している答えとは何か

A4.それは訪問者の方が探しているモノによって異なる。

Q5.例えば?

A5.例えば、あるノートパソコンをできるだけ安い価格で手に入れたいと思っている人は、価格.comでそれを一番安く販売しているサイトや商店を見つけることが答えになる。ディナーに悩んでいる人は、食べログ等で食べたい食事のジャンルの中から、行きたいと思えるお店を見つけることが答えになる。また、家を借りたいと思っている人にとっては、不動産情報サイトから、立地や間取り、オプションなどをもとに希望の家を探し出すことが答えになる。

この様な、訪問者の方が求めている答えを、私のサイトが提供できるのか。それが今後、私のサイトが存続できるかどうかの、大きな鍵と言えます。

ここまで愚痴をダラダラと書いてきましたが(読者の方、申し訳ございません)、とりあえず、何事もやってみることが大事かと思うので、先ほど否定したばかりではありますが、Amazonの、レビューが少ない商品をターゲットにしてみようかと思います。まずはその商品の中に、私が興味を持てるモノがあるかどうかです。無ければそこで終了となります。今まで生きてきて、趣味がまったく無いことを、今さら後悔します。とりあえず今日はもう遅いので、明日仕切り直します。こんな内容を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。